TOP > クロフネ エアグルーブ
 ← 無料 アニメ | TOP | 一青窈

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


クロフネ エアグルーブ 

2007年07月03日 ()
競走馬最強世代
競走馬最強世代みなさんは、今まで見てきた中で一番すごい競走馬世代っていつでした?私は98年4歳(いまだと3歳)でしょうか。クラシック:セイウンスカイ-スペシャルウィーク-セイウンスカイ、NHKマイル:JC:エルコンドルパサー、有馬:グラスワンダー、翌年の天皇賞:スペシャルウィーク(このときセイウンスカイは惨敗したわけでもなく)、宝塚・有馬:グラスワンダー(スペシャルとの死闘)、凱旋門:エルコンドル2着ですね。またエジハードはグラスを破って安田を勝って、マイルCSもとっていますし。また海外GIとったアグネスワールドもいるし。タイシン・ウイニング・ハヤヒデの92年もすごかったですけど。それと比較するとディープ世代はちょっと・・・ってなります。(続きを読む)


今週NHKマイルが行われますが、皐月・ダービー路線からマイル路線に変更してき...
今週NHKマイルが行われますが、皐月・ダービー路線からマイル路線に変更してきた馬ってどの馬ですか?(NHKメンバーで(続きを読む)


一番『震撼』したレース
一番『震撼』したレースさて、前々回は重賞馬、前回はお世話になった馬を質問させて頂きました。結構反響を頂き、光栄至極に存じます。という事で、調子に乗って第3弾。過去最強馬と言えば、シンザン・マルゼンスキー・クリフジ・シンボリルドルフ・ナリタブライアン・ディープインパクト、いやアンバーシャダイやモンテプリンスやタイテエムや・・・、テンポイント・トウショウボーイ・タマモクロス・サイレンススズカ・・・、もう嫌や~~というくらい皆さんいろんな意見があるかと思います。ふむ~、これでは始まらんでしょ。いっつも競馬人間と酒呑んでたら上記の馬が出てくるんですよ。そしていっつも喧嘩。そこで健全なる競馬カテ在住の皆様には下記のような質問をさせて頂きます。皆さん過去様々なレースを見てきたかと思いますが、『一番震撼したレース』はなんでしょう??いいっすか、『震撼』です。強いレースじゃないですよ。もちろん強いでも良いんですけど。自分はですね、8頭立てのレースで5頭落馬、自分のBOX馬券が単勝馬券に早代わりした事ですね。こりゃもう震撼しましたよ。強いレースではクロフネの武蔵野Sですね。あれは震えたな~。(続きを読む)



クロフネ産駒(6/26)出走結果
昨日、地方競馬に出走したクロフネ産駒たちの結果です! ツカサアドバンス [牡・4歳・鹿毛・母:メリオンヒル・三坂盛雄厩舎(大井)] 6/26(火) 大井6R「C2八 九」 ダート1600 御神本訓史騎手(55kg) 1番人気、6着でした。馬体重はプラス3kgの494kg。 ...(続きを読む)


ウェブデザイナー・アシスタントデザイナー | 株式会社クロフネ
株式会社クロフネ よく働き、よく学び、よく遊ぶ。 そんな我々の仲間になりませんか? 私達は、これまで少数精鋭で、様々なクライアントからの多種多様な案件に取り組んできました。 今回は、スタッフの退職のため、ウェブデザイナー・アシスタント ...(続きを読む)


2001年第2回ジャパンカップダート優勝馬-クロフネ
クロフネのジャパンカップダート前のレースは、毎日杯で重賞初勝利後、NHKマイルカップでGI初制覇を果たしました。続く日本ダービー(東京優駿)は5着、神戸新聞杯は3着でしたが、武蔵野ステークスで勝ってジャパンカップダートに繋げました。 ...(続きを読む)



キュンティアの初仔、オディールが4馬身差の圧勝
netkeiba.com
勝ったオディールは、父クロフネ、母は97年阪神3歳牝馬S(GI)2着のキュンティア(その父Darshaan)という血統。本馬は母の初仔。1歳と当歳にいずれもダンスインザダークの牝馬がいる。6月17日のデビュー戦(阪神・芝1200m)はエイシンパンサーの3着だった。通算成績2戦1勝。(続きを読む)


札幌で競馬観戦とウオッカ秘話 四位騎手トークショーで盛り上がろう
スポーツ報知
日程は8月19日から2泊3日の予定で、添乗員が同行。2日目は終日自由行動で札幌の街を楽しんでいただき、3日目にはディープインパクトやクロフネがいる牧場やノーザンホースパークを見学して帰路につくスケジュールです。ふるってご参加下さい。 ...(続きを読む)


安田記念勝ち馬、ダイイチルビーが死亡
netkeiba.com
通算成績18戦6勝(重賞4勝)。 引退後繁殖入りし、97年オークス3着のダイイチシガー(父トニービン)などを輩出。同馬やダイイチビビット(父トニービン)、アイアンビューティ(父ブライアンズタイム)が後継繁殖牝馬となった。現2歳の牡馬(父クロフネ)が最後の産駒となる。(続きを読む)



スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.07.03(Tue) 06:50] 未分類 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


 ← 無料 アニメ | TOP | 一青窈

プロフィール

最近の記事

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。