TOP > アップルが文化庁批判「私的録音録画補償金制度は即時撤廃すべき」知財推進計画見直しについてのパブリックコメントで
 ← Joost、元Cisco幹部を新CEOに | TOP | “スターの芸名” 名前にまつわる爆笑エピソード

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


アップルが文化庁批判「私的録音録画補償金制度は即時撤廃すべき」知財推進計画見直しについてのパブリックコメントで 

2007年06月07日 ()
 Virtual Trip Kecak UBUD
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070605-00000023-imp-sci
 私的録音録画補償金制度において、iPodなどの携帯音楽プレーヤーを課金対象とする、いわゆる“iPod課金”について、アップルジャパンは「科学的かつ客観的証拠に基づかない理由による私的録音録画補償金制度は即時撤廃すべき」との意見を示した。この主張は、首相官邸が5月31日に公開した「『知的財産推進計画2006』の見直しに関する意見募集の結果について」という文書で、団体からの意見との一部として紹介されている。

 この文書によれば、同制度の抜本的な見直しを図るために、文化審議会著作権分科会に設けられた「私的録音録画小委員会」ではアップルジャパンを閉め出し、著作権者団体の意見のみをくみ取っていると指摘。
最新芸能情報は・・・芸能ランキング

消費者や機器メーカーの立場を無視した「欠席裁判」を進めているとして、「文化庁著作権課による一方的な行政運営には理解不能」と痛烈に批判している。

● アップルジャパンが補償金制度撤廃を求める5つの理由
 こうした主張について、アップルジャパンでは5つの理由を挙げて説明している。

 1つ目は、私的複製により権利侵害を受けているとする著作権団体の主張に、科学的かつ客観的論拠が存在していないこと。アップルジャパンでは、同一家庭内で、家族が購入した著作物と全く同一の著作物をさらに購入することは非現実的で、このことについては音楽レーベルも事前に承知していることから、「私的複製からさらに料金の徴収を図るのは二重課金にあたる」ため、著作権者の要求は不合理であるとしている...

ニュースの続きを読む


芸能山城組/やまと幻唱(CD)


◆芸能関連ブログ記事
蚊 - ナイトフライト@WHOCROW (6月7日1時14分)

部活の終わりが… - *。虫日記。* (6月7日1時13分)

レーシックまでの道程(4)~まだ悩ん... - E Y E L O V E R O C K~札幌でエピレ... (6月7日1時12分)

北野武vs松本人志 監督対決だ - お笑い芸能アイドルって面白っ (6月7日1時10分)

イ・キチャン IVYと天舞Stephanieに挟... - これ知ってる? (6月7日1時10分)

本当にあった勘違い‥ - 飯島直子(いいじまなおこ)について (6月7日1時9分)

藤原紀香 披露宴で陣内と藤原紀香が登... - 芸能情報いろいろ (6月7日1時9分)

夢の中にいる - 浮世離れ (6月7日1時7分)



◆芸能関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.06.07(Thu) 06:41] 未分類Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← Joost、元Cisco幹部を新CEOに | TOP | “スターの芸名” 名前にまつわる爆笑エピソード

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://blog002092.blog103.fc2.com/tb.php/299-b4313790
 ← Joost、元Cisco幹部を新CEOに | TOP | “スターの芸名” 名前にまつわる爆笑エピソード

プロフィール

最近の記事

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。